不純物が一切入っていないので、赤ちゃんのミルクを作るのに安全性が高いと言われています。

ボトルドウォーターとはどんな水?

 

ボトルドウォーターというのは地下水以外の水を原水とした水のことを差します。
RO水、蒸留水、水道水なども水道水を処理した水になるのでボトルドウォーターとして区分されることが特徴となっています。

 

処理方法が定められていないことがポイントで、ミネラルウォーター等では出来なかった殺菌処理などを行っていることが特徴です。
つまり他の水と違って「原水」が違うということと、処理が多く行われている水だということです。

 

ボトルドウォーターの基準ってどんなもの?

日本ではボトルドウォーター以外の水に関しては細かな決まりごとがあるものの、ボトルドウォーターに関しては「検査基準」さえクリアしていれば全てボトルドウォーターとして販売することが可能です。

 

純水といわれるピュアウォーターとは?

考える女性2

ピュアウォーターもボトルドウォーターの一種といわれていますが、別名を純粋といいます。
漢字を見ることで予想はつくと思いますが、不純物等が一切含まれていない「水」のことをいいます。
そして当然のことながら、ミネラル分なども排除されてしまうので、本当に何も含まれていない水となります。

 

水道水などを浄化して作られたり、メーカーによっては「天然水」を原水とする場合があります。
加工の際に不純物を殆ど取り除くことが出来るROシステム(逆浸透膜)によって作られた水はRO水とも呼ばれます。

 

不純物が一切入っていないということで、赤ちゃんのミルク等を作る上ではとても安全性が高いといわれています。

 

また身体的、内面的に疲労、疲弊してしまった方へも安全に飲むことが出来る水としても注目されていること、アトピーなどのアレルギー体質の方でも安心して飲むことが出来る水となっています。

 

ボトルドウォーターの安全性

処理はきちんと施されているので、安全性はとても高いといえますが、ミネラル分などの面を考えると殆ど含まれていないということが現状です。
「水」については自分の好みに合わせるということも大切ですが、使い分けるということも大切となってきます。