ナトリウム、マグネシウムが含まれるミネラルウォーターを飲んで健康改善を行いましょう。

ナトリウム・マグネシウム

ミネラルウォーターを飲む1つの理由には、健康に良いことが挙げられます。
その名の通りミネラルが豊富で、身体に不足しがちな栄養素を補ってくれるでしょう。
ミネラルには、カルシウムや鉄、マグネシウムやナトリウム、カリウムなどが含まれています。
こうしたミネラルが含まれているかどうかで軟水か硬水かも決まるのです。

 

中でも注目したいミネラルがナトリウムとマグネシウムです。
過剰に摂取すると危険なミネラルもあるので、バランスの良く取り込むのが大事です。
2つのミネラルがどのような役割を持っているのかを見てみましょう。

 

ナトリウムの効果

運動後の女性

ナトリウムは細胞内外の水分量や浸透圧を調整する役割を持っています。
カリウムと一緒に働くので、一緒に摂取すると効果的です。

 

他にも、筋肉を収縮させる効果があり、筋肉細胞の調整に一役買っています。
ナトリウムが不足すると筋力の低下やこむら返しの原因になるので注意です。

 

ミネラルウォーターにはナトリウムが多く含まれています。
どの程度含まれているかはミネラルウォーターの種類によって異なるでしょう。
成分表を事前に見ておくと良いです。
特にナトリウムは過剰摂取すると高血圧や動脈硬化を引き起こすのです。

 

運動後や入浴でたっぷり汗をかいた後であれば、ミネラルウォーターを飲むのが適切です。

 

マグネシウムのメリット

マグネシウムが体内を占める割合は0.16%と極めて少ないです。
しかし、このマグネシウムが骨や歯の成分となるので、人間に欠かせないミネラルの1つです。
カルシウムと一緒に摂取することで最大限効果が発揮されるでしょう。

 

高血圧を防ぐ効果もあり、心臓に関わる病気を防ぐことが期待されています。
さらには便秘予防や疲労回復の効果もあるのでミネラルウォーターは万能な飲み物なのです。

 

健康を考えるなら通常の水道水よりもミネラルウォーターの方がおすすめです。
ミネラルをたくさん摂取すれば病気の予防にも繋がります。
ナトリウム、マグネシウムが含まれるミネラルウォーターを飲んで健康改善を行ってみましょう。