スイス国民の大半が環境保全に取り組み、水質の管理を徹底しています。

水がおいしい国

日本の水道水はしっかりと整備されており、安全に飲めることが世界に知られています。
世界の途上国では、水道水から茶色い水が出て来ることさえあるほどです。
安全に飲めることが保証されている日本の水道は世界に誇れると言って良いでしょう。

 

では、水がおいしい国はどこなのでしょうか?
安全とおいしさは別の基準になるため、ここではおいしさについて追及してみたいと思います。
本当の意味で水がおいしい国はどこなのか見てみます。

 

圧倒的な水のおいしさを誇るスイス

圧倒的な水のおいしさを誇るスイス

スイスの水は世界から見ても圧倒的なおいしさを持っています。
国民の大半が環境保全に取り組んでおり、水質の管理を徹底していたのです。
その努力のおかげか、スイスの水道からはミネラルウォーターと変わらない水質の水が出て来ます。

 

日本は雑菌や汚れを取り除くために塩素消毒が必須です。
この時点でどちらの水がおいしいかは火を見るより明らかでしょう。

 

湧き水や川の水がきれいであれば、強い塩素消毒をする必要はありません。
日本でも水質をきれいに保つ活動が増えるのを祈るばかりです。
水質以外にも空気や土壌など、幅広い視野で環境保全を考えることが大切です。

 

自然豊かな国の水はおいしい

ノルウェーやルクセンブルクなど、自然環境に恵まれた国の水はおいしいようです。
美しい自然風景には美しくておいしい水がセットで存在しています。

 

水道水も安全に飲めますが、ミネラルウォーターの需要もかなり高いのです。
水がおいしい理由ですが、これには天然の成分がどれだけ含まれているかが関係しています。
自然豊かな土壌でろ過された水は、やはりおいしいのです。

 

日本も自然が多いと言われていますが、環境保全のレベルは遅れているのが現実です。
川の水質汚染なども改善され自然を大切にする動きがあるものの、まだまだな段階です。
近くにある川の水を飲めるかと問われれば、大半の人は首を横に振るでしょう。

 

自然環境を大切にして周囲にきれいな水が溢れれば、水道からミネラルウォーターが出る日が来るかもしれません。