軟水は体内に吸収されやすく、硬水は体内に吸収されにくいため、胃腸に負担をかけることがあります。

軟水と硬水の違いを理解しよう

 

考える女性

 

硬水と軟水の違いって何?
という疑問をお持ちの方がいると思いますので細かく解説していきます。

 

まず軟水というのはマグネシウムなどのミネラル分が少ない水のことを差します。
逆に、ミネラル分が多い水のことを硬水といいます。
日本で販売されている水の殆どが「軟水」といわれており、私たちにとっては最も馴染みが深い水となります。

 

逆に硬水は少し癖があり、人によって若干のみづらいと感じてしまう水です。軟水と硬水ではどちらが体内に吸収されやすいかというと「軟水」の方が吸収されやすいのが特徴です。

 

硬水はあまり吸収が良くないといわれており、胃腸などに負担をかけやすいことが特徴です。硬水をあまり召し上がってない方が大量に飲んだり、一気に飲むとお腹を下してしまったりする傾向があるのはこの為です。

 

硬水の分かりやすい特徴とは?

軟水は私たちにとって馴染みが深いので今回は硬水について細かく解説したいと思います。
ミネラルウォーターなどの水を飲む中で若干「重い」と感じる水があれば、それは硬水です。

 

軟水にくらべて「どっしり」「のみごたえがある」という表現を用いることが多いですが、それは水の硬度の違いによるためです。

硬度というのはカルシウム、マグネシウム(通称ミネラルのこと)の濃度の割合によって決まります。

 

硬水…口当たりが重い、苦み、味わいがどっしりとしている
軟水…口当たりが軽い、まろやか、さっぱりとした味わい

 

硬度が低ければ低いほど飲みやすく、まろやかでさっぱりとしていることが特徴です。
逆に硬度が高ければ高いほど水なのに「重く」感じたり「どっしり、どろっとした水」のような口当たりになります。

 

硬水の効果って結局なんなの?

硬水のことについて細かく解説してきましたが、結局のところ飲みづらい水なのにどうして人気があるの?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、健康面での効果が高いことがポイントです。

 

ミネラル分が豊富なため、同じ「水」を飲む場合でもミネラルを体内に補給できるという点がポイントとなります。
ミネラルが補給できることによって美容面、健康面(ダイエット効果、ホルモンバランスの安定等)に効果的といわれています。