人工的に手をつけず、自然本来の味わいを楽しむことが出来るのがナチュラルウォーターです。

ナチュラルウォーターとはどんな水?

 

日本で定められている水の種類の区分の中で「自然水」「天然水」と読んでいいのは「ナチュラルウォーター」、「ナチュラルミネラルウォーター」だけです。

 

ナチュラルミネラルウォーターというのは地下水に鉱物などのミネラルが溶け込んでいる水のことをいいます。そして味、栄養分などを調整することなく水本来の味を楽しむことが出来ることが特徴です。

 

つまり人工的に一切手をつけていない自然本来の味わいを楽しむことが出来るのがナチュラルウォーターミネラルウォーターの特徴となっています。

 

ペットボトル

そしてナチュラルウォーターは特定の水源から採水した地下水のことを指します。つまり日本語で言えば「天然水」といいます。
私たちが口にするためには「濾過処理、沈殿処理、加熱処理」といった処理が行われますが、そのほかの処理を行っていないことが特徴です。

 

ミネラル分などの調整などもしないので、天然水から一番近い形で飲むことが出来るのが特徴となっています。
口当たりがまろやかで優しい、飲みやすいということが特徴的で、主に軟水といわれています。

 

ナチュラルミネラルウォーターとナチュラルウォーターの違いって?

ここが混乱するポイントとなるのでまとめて解説しておきます。

 

ナチュラルミネラルウォーター…ミネラル分が溶解している地下水のこと。ろ過、沈殿、加熱殺菌等を行っていない水

 

ナチュラルウォーター…ミネラル分の溶解が少ない地下水のこと。ろ過、沈殿、加熱殺菌処理を行っていない水

 

つまりこの2つを比較してもらうと分かると思いますが、ミネラル分が多く溶け込んでいる溶け込んでいないかの違いとなります。

 

ミネラルウォーターとの違いは?

ここで絶対に理解を深めておかなければならないのがミネラルウォーターとの違いです。
ミネラルウォーターはナチュラルウォーターのことを理解していれば違いを簡単に知ることが出来ます。
ミネラルウォーターはナチュラルミネラルウォーターが元になっており、ナチュラルウォーターの品質を安定させるために手を加えて処理をしたものを指します。