日本の水道水は、世界的に見ても水質の基準が非常に高く、様々な処理が施されています。

日本における水道水の定義とは?

 

今では当たり前の「水」ですが、日本における水道水の定義は法律で定められています。
「導管及びその他工作物によって、水を人の引用に適する水として供給する施設」(引用)と決められています。

 

水道水の水質の基準としては厳しい決まりが定められていることが特徴です。
カドミウム、水銀、大腸菌等などの細菌、その他の危険物質等などの検出も許されておらず、世界的に見ても水質の基準がとても高いことがポイントです。

 

基準値に到達しなければ水道水として認可されることはなく、供給することが出来ないため、私たちが飲む水道水はとても安全に処理をされた水だということを理解しておきましょう。

 

高い処理技術による日本の水道水

日本の水道水には塩素が含まれているのですが、これは何故?と思う方もいるかもしれませんので解説しておきます。

 

この塩素は大腸菌などの発生を抑える為に必要だからです。
どうしても私たちが安全に飲む為には、大腸菌やバクテリア等を殺菌しなければいけません。その際に塩素を利用しなければいけないのが現状だからです。

 

またその他にも様々な高度処理が施されており、ろ過、活性炭、オゾンなどによって綺麗に浄化され、私たちの生活用水として届けられています。

 

 

水道水はたゆまぬ努力で出来ている

今では当たり前に飲める「水」ですが、私たちが「当たり前」と感じられるためには、涙ぐましい努力がされているということを理解しておきましょう。
蛇口をひねれば簡単に水を出すことが出来るのも、水道局の人たちの努力の賜物です。

 

また水道水は「飲み水」として様々な処理が施されて私たちの生活に届くことも忘れてはなりません。
あまり良いイメージは無いかもしれませんが、水道水を使うことが出来るということは決して当たり前のことではないことも考えておかなければいけません。

 

水道水とその他の水

水道水も上手に活用することで安全に飲むことが出来ますが、それでもあまり良いイメージがもたれていないことが現状でしょう。
水にも様々な種類がありますが、改めて大切に使うということを忘れないようにしましょう。

 

ミネラルウォーター、ナチュラルウォーター、ボトルドウォーターなど、水道水以外の水も様々ありますが、用途に合わせて使い分けるということが大切です。

 

海洋深層水