水素水の濃度の目安として、1.57ppmくらいが良いと言われています。

水素水ってどんな水?

 

水素水というのは水に水素を溶け込ませたものをさします。一定の水準が決められており、この水準をクリアしたものを水素水として商品化することが出来ます。

 

水素の濃度を表す単位を「ppm」といいますが、水素水にはこの「ppm」が記載されているのでチェックしてみるとどれくらい含まれているのかを知ることが出来ます。

 

一般的に販売されている商品の基準は0.08ppm以上とされており、この水準が満たされていると水素水として販売することが出来ます。

 

水素水の真の効果とは?

水素水が注目された理由の一つに体内に溜まる活性酸素を除去してくれる効果があることが分かったことが挙げられます。

活性酸素は簡単に言えば、体内に溜まりすぎると、細胞を破壊し、悪影響を与えてしまうもののことです。

 

水素水を飲むことにより、体に悪影響を与える活性酸素を体外へ排出することが出来ます。
これにより体の酸化を防ぎ、老化などを抑制する効果が期待できることが魅力のポイントとなっています。

 

活性酸素はストレス、紫外線、喫煙、暴飲暴食、飲酒等など、或いは日常生活だけでも溜まっていきます。これらが溜まり過ぎると体に多くの不調を及ぼします。

 

具体的な例は、疲れやすい、体が重い、疲労感を感じる、等があげられます。
活性酸素を上手に取り除くことでいつまでも若々しく元気な状態をキープすることが出来るため、水素水を飲むということは健康面で非常に素晴らしい効果を発揮してくれます。

 

水素水の濃度に注目しよう!

水素水イメージ

水素水だからどれでもいいの?ということではありません。水素水にも濃度の種類があるため、濃度に注目をして購入することが大切です。

 

水素に高い圧力をかけることで水に沢山溶け込ませることが出来ますが、私たちが飲む瞬間には水素の濃度が若干下がってしまうことが現状です。
つまり高濃度と謳っていたとしても、厳密には濃度に誤差があることを理解しておきましょう。

 

また水素水の濃度の目安としては「1.57ppm」あたりが良いといわれています。
水素水を選ぶ際はこういったことも理解しておくと自分にぴったりの水素水をチョイスすることが出来るようになります。