安全性も高く、健康面に関しても非常に良い水なのが、天然水です。

天然水ってどんな水のこと?

 

湧き水

 

天然水について正しい理解をしている人とそうでない人がいると思いますが、今回は天然水について解説していきたいと思います。

 

天然水とは漢字が表す通り天然の成分が含まれている水のことをいいます。
水道水のような味、匂い、臭さなどがないのが一番の特徴となっています。

 

自然の力によって水がろ過され、豊富なミネラル成分が溶け込んでいる素晴らしい水が天然水といわれています。

 

また、天然水と似たものでナチュラルウォーターがあります。
ナチュラルウォーターも自然水や天然水と呼ばれ、自然本来の味を楽しむことができます。

 

水の処理や加工によって異なる日本の定義

天然水について理解を深める為には水の加工や雑菌処理などの工程についても知っておく必要があります。

 

日本で製造される天然水はろ過、沈殿、加熱殺菌、雑菌処理等が義務付けされており、これらを行わなければいけないと決められています。
海外商品の場合はこの限りではなく、実際には無殺菌・無除菌の水(天然水)も販売されています。

 

しかし、このような表現をするとミネラルウォーターと同じ意味になるのではないか?と疑問に思う方もいると思いますが、ここが日本の「水」の区別が曖昧になっているところの重大なポイントです。

 

天然水とミネラルウォーターは厳密には違うものの、ある程度似ているところもあるということを抑えておきましょう。

 

天然水を選ぶメリットとは?

天然水を選ぶメリットは、天然水にしかない味わい深さです。これは自然にろ過される天然水に含まれる豊富なミネラルが水を甘く、まろやかにしてくれるという特徴があるためです。

 

他の水と違うのは、人工的に処理をした場合はこういったものを除去してしまう可能性があるため、若干味が違ってくるのがポイントです。

 

日本では非常に多くの天然水が販売されているので、味や水の硬さ、或いはミネラルが含まれる量など様々なタイプの商品があるのが現状であり、それらを選ぶ楽しさもあるのが天然水の魅力となっています。

 

安全性も高く、健康面に関しても非常に良い水となっているのが天然水の特徴です。